2015年7月6日月曜日

イギリスで親知らずが突然痛くなった!

概要

イギリス留学中に親知らずが痛くなった。加入している海外旅行保険で歯科治療は対象外。大学がNHSへの登録サービスを提供していて、幸運にも痛くなった翌日にNHS歯科医院で診察を受けることができた。

歯茎が痛い

パリ旅行から帰り、新しいシェアハウスへの引っ越しを済ませた。普段通り大学に行って研究していると、突然左奥の親知らずに違和感が。歯茎のあたりに痛みがある。

すぐに治るだろうと気にせず放置していたら夕方から激痛に変わった。口をまともに開けない。歯茎の周辺を常にラジオペンチで締め付けられているかのような、継続的な痛みがある。口を開けないのでご飯は食べられない。痛みが連続的なので、夜は眠れなかった。また、歯茎の炎症の範囲が徐々に広がっているようだ。これは適切に処置しないとまずい!

対処療法

翌朝、とりあえずBootsに行って痛み止めと塗り薬を買った。塗り薬は歯茎に直接塗るタイプで、両方併用できる。効果はてきめんで、口を開いて食事できるようになった。

上:痛み止めのNuromol
下:塗り薬のCorsodyl

海外旅行保険

日本の所属大学の規則で、留学の際には海外旅行保険に加入することが義務づけられている。まずはその保険事務所に電話してみた。会話は英語ではなく日本語でできた。
  • 『こちらA保険コールセンターのXと申します。加入者番号を教えて下さい。』
  • 「Yです。親知らずが痛くなったので電話いたしました。」
  • 『お客様の契約では歯科治療は対象外となります。お力添えできず申し訳ありません』
  • 「こちらこそ、お手数をかけて申し訳ありません(詰んだ・・・!)」

イギリスの国民保険サービス NHS

イギリスには公的医療機関と私的医療機関がある。前者は国民保険サービス(National Health Service; NHS)を通して利用でき、歯科と眼科を除いて原則無料。後者は料金が高いので、保険などで支払いを代替するのが一般的らしい。大学近くの非NHS歯科医に寄ってみたら「初診料£98」を提示された。日本円で19000円くらい。なるほどこれは高い。今回は、私的医療機関を利用するのは最後の選択肢になりそうだ。

NHSについて調べてみた。
6ヶ月以上イギリスに合法的に滞在することが可能なビザを持っている方であればNHSに加入することができます。
まず初めに自分の滞在している付近で利用したい GP(General Practitioner/家庭医又はかかりつけ医)を決める必要があります。
イギリスの医療について :イギリス留学・ロンドン留学なら手数料無料の現地エージェント!ロンドン留学センター
混んでいると適切な治療を受けるまでに1年以上待たされるケースも報告されています。
在英日本国大使館 > 生活情報 > 医療
「今はロンドン内の大多数の歯医者さんが、NHS適用での新規患者は受け付けていないと思うのだけど、歯医者さんが複数いるような大きめの歯科医院だと、新規受付しているかもしれないから、頑張って電話で色々あたってみるといいわよ。」
イギリス歯医者事情&初体験レポート : 朝岡さやかオフィシャルブログ Morning Star
私はイギリスに4ヶ月滞在する。短期なので、NHSに登録するのは無理かもしれない・・・。Webはネガティブな情報であふれている。とりあえず、大学の保健センターに行ってみることにした。この保健センターでは、何を相談するにしてもまず、患者登録が求められる。患者登録フォームが結構複雑で、記入に30分かかった。また、登録時には尿を提出する義務がある。

患者登録をして、親知らずが痛いことを伝えると「では近くのNHS歯科医に行って下さい。NHSには24時間以内に登録されます。」と言われる。保健センターで患者登録をすると、自動的にNHSにも登録される仕組みになっているらしい。Webの情報とは異なり、短期滞在の場合でもNHSに登録して頂けるようだ。すぐに登録してもらえるととても助かると一言伝えて、そのままNHS歯科医をめぐることにした。

NHSの診察予約は111に電話

まずは、サウサンプトンで一番大きいNHSの病院に向かう。Unilinkであっという間に着く。受付の人に診察を予約したいと話しかけてみると「診察を受けたいならまずは111に電話してください。歯科の場合はオプション番号9ね。」と言われる。

日本で緊急通報が119番で提供されているように、イギリスでは緊急性の低い健康相談が111で提供されているようだ。電話してみると、まずはNHSに登録しているか否かを確認された。以下のやり取りはすべて英語だった。
  • 『住所、氏名、生年月日、電話番号を教えて下さい。』
  • 「XXXXです。」
  • 『サウサンプトン大学の保健センターで登録されていますね。どういった症状ですか?』
  • 「親知らず周辺の歯茎が腫れています。痛み止めなしではご飯も食べられません。炎症が徐々に広がっています。」
  • 『ほっぺたは腫れていますか?』(←なかなか聞き取れなくて2回聞き直した)
  • 「いいえ。下顎の歯茎の内側から喉にかけてが腫れています。何かを飲むのも喉が痛くて一苦労です。」
  • 『(他に五つ程度の細かい質問)』
  • 『すぐに病院を紹介します。ちょっと待っていて下さい。(爽やかな音楽が流れる)』
  • 『残念ながら、現在紹介できる病院はありません。見つかりしだい、こちらから電話いたします。』
  • 「ご丁寧にありがとうございました。」
どうやら、緊急性の高い医療相談と判断して頂けたようだ。けど、このまま電話がかかってこなかったらまずい。というのも、痛み止めは3日以上連続した服用が禁止されているし、炎症の範囲は徐々に広がっている。3日以内に炎症を何とかする必要がある。電話がかかってこない前提で、市内の評判の良い非NHS歯科医を調べてバス停に向かっていると、NHSコールセンターの歯科医から電話がかかってきた。
  • 『診察可能なNHS歯科医が見つかりました。今日の16:50から予約をしたので、A歯科医院に行ってください。』(Aが聞き取れない)
  • 「予約してくださったんですか。ありがとうございます。正確な住所を教えてください。」
  • 『歯科医院の住所はXXです。』(←正確に聞き取れてる自信が全くなかったので数回聞き直した)
  • 「イギリスの医療制度を尊敬します。予約までしていただき、助かりました。」
  • 『(朗らかな笑い声)お大事に』
なんとかなりそうだ!

NHSの歯科医院で診察

予約の40分前に歯科医院に向かった。受付では氏名と生年月日を聞かれ、ちゃんと診察が予約されていた。料金は前払いで£18.8。私的医療機関で提示された初診料£98とは大違い。

個室に案内されると、歯科医師・助手と私の二対一で診察が始まった。歯科医師の英語は非常に明瞭で100%聞き取れた。私の言葉足らずな発言もすべて意味を汲み取って理解してくれた。英語で歯医者の診察を受けるのは初めてで不安しかなかったが、全く問題なかった。たぶん、病院で診察を受けるよりも、初めて行くSubwayで注文する方が難しいだろう。それくらい診察は快適だった。また、歯科医師が説明する重要な内容は全て助手がメモしていて、あとでそのメモをもらえた。これなら、リスニングに問題がある患者でも正確に診察内容を理解できる。

幸い虫歯などは見つからなかったので、抗生物質の処方だけで済んだ。処方箋を受け取って、薬局のprescriptionカウンターに向かう。薬は£8した。抗生物質が効き始めるまでには24から48時間かかるらしい。痛み止めと併用できないので、飲んだ後はしばらくつらかった。痛すぎて眠れない。炎症の範囲がさらに広がり、上顎まで痛くなっている。早め早めに行動して良かった。飲んで30時間経ってからは痛みがほとんど消えた。

まとめ

イギリスには公的医療機関と私的医療機関の二つがある。症状が保険の範囲内ならば、私的医療機関で診察を受けるのが最も早い。保険の範囲外の場合は、NHSに登録して公的医療機関を利用すると安く済む。サウサンプトン大学の場合は、大学を経由すれば早くNHSに登録してもらえる。NHSの歯科治療はなかなか診てもらえないことで有名だが、緊急性の高い症状の場合は早く診てもらえることもある。

2015年6月30日火曜日

パリ旅行まとめ

3泊4日の日程でパリに旅行した。

外国に旅行するとより鮮明に自国の特徴を捉えられるようになる。視野を広げるため、楽しい研究の時間を割いてパリに旅行することにした。

パリを選んだのは、単純に行きやすいから。イギリスからなら時間とお金をかけずに行ける。それと、フランスには尊敬する数学者が多い。彼らのお墓参りをしたい。あと、おいしいフランス料理を食べられたらいいな。

目次


2015年6月29日月曜日

パリ旅行 番外編 数学者のお墓参り(ラグランジュ・フーリエ・ポアンカレ・ガロア)

パリ観光のついでにフランスを代表する数学者のお墓にお参りした。お墓を探すのは想像以上に大変だったので、この記事でお墓の位置を詳しくまとめておこうと思う。

フランスは歴史的に多くの数学者を輩出してきた。電気電子・情報系の学部生であれば誰でも知っているような人物を軽く挙げるだけでも、
  • ジョゼフ・フーリエ(フーリエ変換)
  • ピエール=シモン・ラプラス(「ベイズの定理」の体系化、ラプラス変換)
  • エヴァリスト・ガロア(ガロア体)
  • シャルル・エルミート(エルミート行列)
  • オーギュスタン=ルイ・コーシー(複素解析)
  • アンドレ=ルイ・コレスキー(コレスキー分解)
  • アブラーム・ド・モアブル(ド・モアブルの定理)
  • ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ(ラグランジュの未定乗数法)
  • シメオン・ドニ・ポアソン(ポアソン分布)
その他、コリオリ、デカルト、パスカル、ナビエ、フェルマー、ポアンカレ、メルセンヌ・・・など挙げればきりがない。

せっかくパリを観光するのだから、日々研究でお世話になっている数学者のお墓にお参りしたい。そして、現代の科学技術を支える彼らの圧倒的な業績に感謝しつつ、歴史上の数学者が実際に生きていた痕跡を自身の目で確認したい。

少し調べてみると、著名な数学者のふるさとについてわかりやすくまとめられている記事が見つかった。
どの記事もおもしろい!これらの記事は、東北大学で博士を取ったあとに自身の専門分野を活かして起業した方が書いたようだ。ガロアのふるさとはパリからギリギリ行ける距離にある。ポアンカレ家のお墓はモンパルナスタワーの近くにあるので、観光のついでに行きやすい。いつかドイツに行くことがあったらガウスのお墓にもお参りしたい。

その他、英語で数学者のお墓について調べてみると、フーリエのお墓がペール・ラシェーズ墓地に、ラグランジュの棺がパンテオンにあることがわかった。また、正確な位置はわかっていないものの、ガロアはポアンカレと同じ墓地に眠っているらしい。

目次

  • ラグランジュ(パンテオン)
  • フーリエ(ペール・ラシェーズ墓地)
  • ポアンカレ(モンパルナス墓地)
  • ガロア(モンパルナス墓地・ブール=ラ=レーヌの墓地)

ラグランジュ(パンテオン)

フランス語名:ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ (Joseph-Louis Lagrange)
生没年月日:1736/1/25 - 1813/4/10

ラグランジュの棺は観光名所として有名なパンテオンの地下にある。



パンテオンへは最寄り駅のCardinal Lemoine駅からゆっくり歩いて10分ほどかかる。
パンテオン

受付から見たパンテオン内部。受付では日本語のパンフレットが配布されている。

地下納骨堂の入り口。入り口は一つしかない。

残念ながら、ラグランジュの名前はパンフレットに載っていない。しらみつぶしに探し、ラグランジュの棺はパンフレットの地図で16番通路に面した一番奥の部屋(一番西の部屋)に安置されていることがわかった。
ラグランジュの棺がある部屋。
パンフレットに載っていないだけあって、立入禁止だ・・・
左列の上から4番目にJ. L. LAGRANGEの文字がある。

せっかくここまで来たのに見られないのはもったいない。他の著名人の棺がある部屋には誰でも入れるので、許可さえ得れば入れそうだ。近くに暇そうにしている職員がいたので、中に入って写真を撮らせてもらえないか頼んでみた。すると・・・「いいよ!特別だからね。あなた珍しいね♪」と上機嫌に快諾してくださった!

暗い部屋に入ると、ついにラグランジュの棺とご対面。
ラグランジュの棺。この中にラグランジュの亡骸が眠っている・・・

この地下納骨堂には、他にキュリー夫妻とルソーの棺も安置されている。
キュリー夫妻の棺

公開されている棺のある部屋はどれも照明がある一方で、ラグランジュの部屋には照明がなかった。単純に、人気がないから照明代を節約するために立ち入りを禁止しているのかもしれない。

フーリエ(ペール・ラシェーズ墓地)

フランス語名:ジョゼフ・フーリエ (Joseph Fourier)
生没年月日:1768/3/21 - 1830/5/16

フーリエのお墓はペール・ラシェーズ墓地にある。この墓地は東のはずれにあり、例えばコンコルド広場から行こうとすると地下鉄で40分はかかってしまう。パリで開催される国際会議のついでにお参りする場合などは、十分に時間を取る必要がある。

フーリエのお墓は探すのが特に大変だった。ずばり、お墓は緯度: 48.860065、経度: 2.393896にある。

最寄り駅は、墓地の名前と同じPère Lachaise駅。
Père Lachaise駅の出入口

ペール・ラシェーズ墓地の門

門の近くにある墓地の案内板。フーリエの名前は載っていない。

まずは墓地内唯一のロータリー(Casimir Périer)に向かう。
ロータリーの中心にある銅像

ロータリーからAcacias通りを眺めると・・・
ロータリーから見たAcacias通り。速度制限の標識が目印。

あ、あれは・・・!

フーリエのお墓だ!

Sがかすれているものの、確かに"JOSEPH FOURIER"と刻まれている

ペール・ラシェーズ墓地には他にショパンやビゼーのお墓もあるらしい。案内板を眺めているときに芸術家のおじさんと雑談し、教えていただいた。もしかしたら、他に著名な数学者もこの墓地に眠っているかもしれない(けどフーリエと同様に案内板に名前は載ってなさそう)。

ポアンカレ(モンパルナス墓地)

フランス語名:ジュール=アンリ・ポアンカレ (Jules-Henri Poincaré)
生没年月日:1854/4/29 – 1912/7/17

ポアンカレのお墓はモンパルナス墓地にある。フーリエとは異なり、ポアンカレの一族が同じお墓に埋葬されているようだ。モンパルナス墓地はパリ中心部で一番高いモンパルナスタワーから歩いて5分程度のところにあるので、観光のついでに立ち寄りやすい。

モンパルナスタワーから見たモンパルナス墓地。広い。

ずばり、ポアンカレ家のお墓は緯度: 48.836220、経度: 2.327459にある。


モンパルナスタワーからEdgar Quinet通りを東に進んでいくと、モンパルナス墓地の門が見える。
モンパルナス墓地の門

門の近くには墓地の案内板が立っている。フーリエとは違って、ポアンカレの名前は案内板で紹介されている。

ポアンカレのお墓は82番。
台形の墓地ではなく、正方形の墓地の左上にある。

ポアンカレのお墓を目指して門を入ったところからそのまま直進する。

途中ロータリーを横切り、さらに直進する。

これ以上は進めない。

ここで、左に進もうとすると・・・道がない?いや、小道がある。

小道をひたすら直進する。

ポアンカレ家のお墓の近くにあるというトイレが見えた。この周辺にあるはずだ。
一つ一つお墓の名前を見ていると・・・

あった!

"FAMILLE POINCARE BOUTROUX"と刻まれている。
正確には、ポアンカレ家とブートウ(?)家共同のお墓らしい。

観光客が置いたのか、アンリ・ポアンカレの名前の部分に小石と切符がある。

ガロア(モンパルナス墓地・ブール=ラ=レーヌの墓地)

フランス語名:エヴァリスト・ガロア (Évariste Galois)
生没年月日:1811/10/25 - 1832/5/31

ブール=ラ=レーヌの墓地にはガロア親子のお墓がある。ブール=ラ=レーヌへは、モンパルナス駅から地下鉄で30分ほどで行ける。今回のパリ旅行では時間の都合上行くのは諦めた。

Wikipediaによると、ガロアの亡骸はブール=ラ=レーヌの墓地ではなくモンパルナス墓地のどこかに眠っているらしい。
On 2 June, Évariste Galois was buried in a common grave of the Montparnasse cemetery whose exact location is unknown.
(拙訳)7月2日、エヴァリスト・ガロアはモンパルナスの共同墓地に埋葬されたが、正確な位置は不明である。
Évariste Galois - Wikipedia, the free encyclopedia
残念ながら、モンパルナス墓地でガロアの名前が刻まれているお墓などは見つけることができなかった。ただ、モンパルナス墓地のどこかに彼の亡骸が埋まっていることは確かなので、日本スタイルで黙祷した。もしガロアが恋に落ちていなかったら、もしガロアが決闘の誘いを無視していたら、もしガロアが決闘に勝っていたら、彼は次にどんな論文を書いていたのだろうか。


このブログ記事にまとめたように、数学者の墓はみんなしょぼい。ナポレオンの棺や貴族の墓と比べると圧倒的に見劣りする。しかし、彼らが残した論文は死後も多くの人々の助けとなり、数百年経った現在に至るまで科学技術の発展を支え続けている。

お墓参りをしているとき、亡くなった数学者の葬儀に出席しているかのような気分になった。好きな数学者のお墓参りをすることで、より深く彼らの人生に思いを馳せることができた。

パリ旅行記の目次はこちら

パリ旅行 4日目 パリから日本にお土産を直送

パリ旅行4日目。目次はこちら

月曜日は休館になる美術館や博物館が多い。ベルサイユ宮殿も月曜日は中に入れない。最終日の今日は、少し観光した後にお土産を買う。買ったお土産は、オペラ座近くにあるヤマト運輸の支店から日本に空輸したい。

新凱旋門

Web情報によると月曜日もやっている。実際に行ってみると、工事中で中に入れなかった。

新凱旋門

パリ中心部とは異なり高層ビルが立ち並んでいる

新凱旋門の近くでは署名を求めて歩きまわる女性を4人見た。1日目のミサンガ売りや2日目の女の子集団と比べると追跡が甘い。

マドレーヌ寺院

ギリシャ神殿のような寺院

石造りなので音がよく響く。落ち着いた雰囲気が気に入ったので、クリスチャンでもなんでもないのに30分くらい黙想した。

奇跡のメダイユ教会


漫画喫茶「うらばす」

パリにはコインロッカーがほとんどない。いくつかあるコインロッカーはどれも中心部から離れている。そんな中、地下鉄ピラミッド駅近くにある漫画喫茶が観光客に荷物預かりサービスを提供している。ここはヨーロッパ初の漫画喫茶らしい。
お店に行くと、すべて日本語だけのやりとりで荷物を預かってもらうことができた。身軽になったので楽にお土産を買える。

「うらばす」は日本人街の中にある。

左:パリ・ジュンク堂
右:札幌ラーメン

昼食は日本人街のビストロで食べた。日本語のメニューがあるのに加えて、ウェイターが日本語ペラペラ。料理はもちろんおいしい。パリに来て良かった。


パリ・ヤマト運輸

日本人街にはヤマト運輸のパリ支店もある。パリから日本に荷物を送る場合、別送品(旅行者の身の回りの品・関税なし)と一般品(別送品以外の品・関税あり)の二つがある。内容物の品名、数量、値段を申告する必要があるので、手続きには少し時間がかかった。
ここでもすべて日本語でやり取りできた。


お土産は無事1週間で日本に届いた。ヤマト運輸ありがとう。

ユーロスターでイギリスへ

荷物を空輸する手続きの後は、Gare du Nordからユーロスターでイギリスに帰る。再入国の審査は初めて入国したときと同じくらい厳しかった。飛行機と同じように、入国カードを埋めておく必要がある。

入国審査官は私の言うことを全て疑うような目つきで、根掘り葉掘り細かいことまでも聞いてきた。官公庁の出資を受けて大学に訪問研究員として在籍している場合、基本的には"The University of XX invited me to the UK.", "The Japanese government funds my stay."の二言とそれぞれの証明書類で信用される。

ユーロスターの入構待ち行列

サウサンプトンに帰還

今回の旅行では特に料理を楽しめた。パリでは、適当に選んだお店でも必ずおいしい料理を食べられる。イギリスでは、TripAdvisor上位のお店を注意深く選ばないとおいしい料理は食べられない。

一方で、イギリスと比べてフランスの負の側面も目に付いた。具体的には、大きな自動小銃を抱きかかえて周囲を鋭く監視する警官。どこにでもいる物乞い。観光客狙いの詐欺の多さ。などなど。パリの治安は悪い。

加えて、パリはイギリスと比べて基本的なマナーの身に付いていない人が多かった。マナー意識の違いは特に子供の振る舞いに表れる。躾のなっていない子供が多すぎる。たった数日間の滞在ですべてを決めつけることはできないものの、紳士的に振る舞うことに誇りを持っているイギリス人と比べると、明らかな違いがカルチャーショックだった。

2015年6月28日日曜日

パリ旅行 3日目 エッフェル塔から見る夜景

パリ旅行3日目。目次はこちら

ノートルダム大聖堂

初日は100人を越えそうな行列ができていて諦めたノートルダム大聖堂。空いてそうな朝早い時間帯を狙って行ってみたら、狙い通りガラガラだ!

ノートルダム大聖堂はシテ島にある。シテ島はセーヌ川の中洲で、狭い島内に観光名所がひしめいている。



ステンドグラスが美しい。
ミサが始まる時間になったので、クリスチャンでもなんでもない私は即撤退。

想像以上に時間が余ってしまった。同じくシテ島内にあるサント・シャペルは9:30開館なので、時間を有効活用するためペール・ラシェーズ墓地に向かった。

ペール・ラシェーズ墓地

パリ東の外れにある墓地。フーリエのお墓にお参りするために立ち寄った。長いので次の記事に分離した。

サント・シャペル

墓地からシテ島に戻ってくると、サント・シャペルが開く時間になっていた。Wikipediaによると、ゴシック建築の頂点を極めた礼拝堂らしい。世界遺産にも登録されている。




後期ゴシック建築の圧倒的美しさ

旧パリ市庁舎

写真撮っただけ

周囲にはロダン作のダランベール像もあるらしい。知らずに見逃してしまった。

フランス国立近代美術館

ヨーロッパで最大規模の近代美術館。ポンピドゥー・センターの中に入っている。


美術館からはパリの景色も楽しめる。
遠くにエッフェル塔が見える。

パンテオン

フランスの偉人を祀る霊廟。ラグランジュのお墓にお参りするために立ち寄った。長いので次の記事に分離した。

フランス高等師範学校

構内立ち入り厳禁。立ち寄っても何も見られない。下調べしておくべきだった・・・

オペラ座


どっちが男性用トイレでしょうクイズ




ピカソ美術館

ピカソの作品を古い順に鑑賞できる。部屋ごとに明確なテーマがあるので、パンフレットの解説とともに、詳しく理解しながら進める。


左の絵と右の絵を同一人物が書いたとはとても思えない。
こういった変化の過程がパンフレットで丁寧に解説されている。

夕食は奮発してワインとステーキにした。


炭水化物はmonop(スーパーマーケット)のパンで摂取。ホテルで酔を覚ました後、パリの夜景を眺めるべくエッフェル塔に向かった。

エッフェル塔(日の入り後)

チケット売り場は二つあるが、どちらも同じくらい混んでいた。2階まで行くエレベータに乗った後、最上階まで行くエレベータに乗り換える必要があり、そこでも並ぶ必要がある。最上階のレストランを予約している場合は全ての行列をスキップできるらしい。

日が沈む前に撮った写真

夕日がきれい

日が沈んだ

真っ暗なセーヌ川

エッフェル塔の頂点から指向性の強いライトが照らされている

来てよかった

夜景の見られる時間帯は特に混む。この夜景を眺めるために数時間並んだが、その価値はあったと思う。

パリには世界中から観光客が集まる。特にエッフェル塔ではひどいマナーの観光客が目立った。自分良ければすべて良し ― 全力ダッシュで行列を抜かす家族連れ。他人の不幸は蜜の味 ― エレベータ券を買わずに苦労して階段で登ってきた人たちを大声で煽る生徒たち。人が不快に思うことをしても「テヘペロ☆」みたいな笑顔で済ませてしまう。

数時間こういった観光客に囲まれながら過ごして、なんと言うか、人間のことが嫌いになってしまった。自分も人間の一人なのに・・・おかしな矛盾だ・・・。きれいな夜景を台無しにしないためにも、次来るときは最上階のレストランを予約しておきたい。

4日目に続く